カフェ経営 法人化と節税

カフェ経営 法人化と節税

カフェを開きたい、老後はカフェを開いて楽しくクラしたい。脱サラしてカフェを開きたい。カフェ成功のためのノウハウを探る

カフェ経営 法人化と節税記事一覧

カフェ経営と税金 事業税とは

カフェ開業、カフェを経営するのにかかる税金は、ざっとあげると以下の5種類になる。所得税あるいは法人税住民税事業税消費税償却資産税(固定資産税)個人経営の家業としてカフェを経営するなら、事業所得を確定申告で申告して所得税を支払う。またそれに従って住民税(県民税・市民税)もかかってくる。所得税は国税(国...

カフェ経営と税金 事業税とは

 

カフェ経営 確定申告の事業所得とは?

カフェなどの飲食店を経営する際にかかる税金は、以下の5種類になる。所得税あるいは法人税(国税)住民税(地方税)事業税(地方税)消費税(国税・地方税)償却資産税(地方税)この中で申告が必要なのは、所得税(法人税)と消費税、そして償却資産税で、住民税とか事業税は所得税・法人税の申告で自動的に税金が請求さ...

カフェ経営 確定申告の事業所得とは?

 

カフェで認められる必要経費とは

カフェ経営、飲食店経営の確定申告の話の続き。カフェ経営や飲食店経営での儲けは事業所得と言うことになる。事業所得というのは簡単に言うと、事業を行って儲かったお金と言うことだ。事業収入(入ってきたお金)から必要経費(出ていったお金)を差し引いた金額が事業所得だ。この事業所得が290万円を超えると、事業税...

カフェで認められる必要経費とは

 

カフェの税金 償却資産税とは?

カフェの経営と税金の話の続き。カフェ経営に必要な税金には、こういう5つの税金がある。所得税あるいは法人税住民税事業税消費税償却資産税(固定資産税)今回は償却資産税(しょうきゃくしさんぜい)について。償却資産税というと耳馴染みがないが、簡単に言うと固定資産税の一種で、減価償却が可能な資産に対する税金だ...

カフェの税金 償却資産税とは?

 

売り上げが1千万になったら消費税

カフェ経営で気になるのが、税金。税金がどれくらいかかるのか、あらかじめ分かっていないと、いくら使ってよいのか分からない。儲かっていない間は税金なんて、気にしている場合ではない。が、儲かりだしたら事業規模や利益によって所得税や事業税・消費税などがいろいろかかってくるから気を付ける必要がある。一番忘れや...

売り上げが1千万になったら消費税

 

カフェ経営 消費税簡易課税制度とは

消費税は、年間の売上高が一千万円を超えると納税の義務を負う。この場合、法人であれば、2年前の事業年度の売り上げが個人事業であれば、2年前の1月から12月までの売り上げが対象になる。年間売り上げが一千万円を超えたら、税務署に「消費税課税事業者申告」を行いその次の期から消費税を納税することになる。個人事...

カフェ経営 消費税簡易課税制度とは