安さでは絶対かなわない

安さでは絶対かなわない

カフェを開きたい、老後はカフェを開いて楽しくクラしたい。脱サラしてカフェを開きたい。

安さで勝負するとカフェは潰れる

カフェ経営,戦略

カフェ開業のためのメニュー作り。

 

失敗できないから安売りカフェを始めようと考えているオーナーも多いだろう。

 

安くすればモノは売れる。

 

これは一つの真理である。

 

しかし安くすれば利益はなくなる

 

これも一つの真理である。

 

カフェを開業してもお客さんが来ない。

 

売り上げが少ない。

 

なので売り上げを上げようお客さんを集めよう、そう思って値下げしたり安いメニューばかり提供し出すと、お店は潰れる。

 

よくあるダメパターンである。

 

なぜそうなるか。

 

理由は簡単で、安さを求めるお客さんばかり集まるからである。

 

安さを前面に押し出すと、安さに惹かれたお客さんしか集まらない。

 

しかし安さを求めるお客さんは安いモノしか注文しないし、お金がなくなると来ない。

 

なので結局カフェの儲けなんかにはならない。

 

周辺の競合カフェより割安なメニューを出しても良いが、安さは絶対に前面に押し出してはいけない。

 

それは安いから来ているお客さんの心も踏みにじることになる。

 

貧乏人だって安値狙いしているところを見られるのは恥ずかしいのだから。

 



安さでは大手チェーンに絶対に敵わない

カフェ経営で大事なのは、固定客をつかむことである。

 

しかし安さでそういう固定客をつかむことは難しい。

 

なぜならそういうお客さんは、お金がなくなると来なくなるわけだから。

 

月末でなくても来店してカフェを楽しんでくれる、そう言うお客さんをしっかりつかむ必要がある。

 

安さでお客さんを集めるのは大手チェーンのやり方である。

 

大手チェーンというのは本部スタッフなど、高給取りがたくさんいるものだから、とにかく客数を増やして売り上げを確保しなければいけない。

 

そういう宿命を背負っているので、客数を増やして売り上げを確保しようとする。

 

そのために客層を非常に広く広げて、安値狙いのお客さんも客層に加えているだけだ。

 

なのでこういうところでは低価格ラインと高価格ラインの二つのライン、あるいは中間価格ラインも加えた三つのラインを並べて商売している。

 

お金のないお客さんもお金のあるお客さんも、まとめてガバッと捕まえようという作戦だ。

 

しかし小さなカフェでそう言うことをやる必要はないし、やってはいけない。

 

なぜかというと安値狙いのお客さんで席が埋まってしまうと、中間層のお客さんが座る席がなくなってしまうからだ。

 

NEXT:流行るカフェは何が違う?

スポンサードリンク

飲食店経営 教材人気ランキング

★第1位★ドン底だった飲食店が一躍繁盛店へと大逆転!わずか60日でお客さんを2倍にする、誰にでもカンタンにできる集客方法!

★第2位★攻めの飲食店経営術 強い経営体質を生む デリバリープロジェクトマニュアル(DPM)

★第3位★儲かるラーメン屋の作り方!ラーメン屋開業マニュアル

★第4位★たった1枚のアンケートで繁盛飲食店?!ラーメン『津気屋』の繁盛飲食店集客プロジェクト

★飲食店用エクセル帳票★効果てきめん!飲食店を繁盛させる帳票はこれ!飲食マネジメント帳票

★ジュガール★多くのインド人ビジネスマンはなぜアメリカで成功できるのか?サチン・チョードリーがその秘密を日本に伝える印僑大富豪の教え“ジュガール”

★美容院・サロン経営★集客で悩む小さなサロンオーナーのための「進化塾」

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★情報企業で稼げ!和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

★第4位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第5位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加