基本メニューで儲けることを考えろ

カフェ経営,利益確保

カフェ開業のためのメニュー作りには、まず基本メニューの充実が第一条件である。

 

フラッと立ち寄ったお客さんが注文するメニューで、確実にファンを増やさないと集客に費用ばかり取られて、結局広告会社を儲けさせるだけに終わりかねない。

 

そのためにはスタート時は少なめのメニューでスタートすべきだろう。

 

メニューを絞り込めば注文が滞る危険性も少ないし、サービスにも余裕がでる。

 

また商品ごとの出来不出来も、ある程度バラツキを抑えることができるだろう。

 

コーヒーは本格的だがトーストやサンドウィッチはパサパサでまずい、レタスやキャベツはしなびていると言うようなアンバランスは、かえって印象が悪い。

 

それだったらコーヒーもそれなりの味に落とした方が、お客さんにとっても安心感が出ると言うものだ。

 

ドリンクメニューやランチメニューもあまり手を広げない方が良い。

 

手間ばかりかかってお客さんを必要以上に待たせてしまうと、サービスが悪い店だと考え垂れてしまう。

 

ラーメン屋はラーメンと餃子とチャーハンだけで儲けている。

 

カフェも基本メニューだけで儲けられるように努力するのが王道だろう。

 



儲かる基本メニューは何か?

基本メニューで儲けるには儲かる基本メニューが何か、それを見つけなければならない。

 

利幅の薄いメニューではたくさん出ても儲からないから、セットメニューなどで割安感を演出しつつ、確実に客単価を上げたいところだ。

 

たとえばファミリーレストランなんかでは、今やドリンクバーやサラダバーは当たり前の設備になっていて、かなりの割安感やお得感を演出している。

 

150円くらいの料金で飲み放題というわけだから、かなりお得な感じである。

 

ドリンクバーは果たしてアレで儲けが出るのだろうかと心配になったりもするが、ベンダーマシンで提供しているのでコストはさほどかからないらしい。

 

自動販売機で売っているドリンクは缶入りでもパック入りでも、容器代が20円前後含まれているし、重い飲料を運んできてセットする費用もかかる。

 

だからその分高い値段で売る必要があるので、あの値段になっている。

 

一方ドリンクバーの場合は、原液を仕入れて機械にセットするだけなので、そう言う容器代や運搬コストがほとんどかからない。

 

だからウワサによるとお客さんが全員十杯以上飲まないと、店は損しないとか言う話だ。

 

儲かる基本メニューが見つかればもうそれだけでしばらくは安泰だろう。

 

NEXT:キラーメニューは作れない

飲食店経営 教材人気ランキング

★第1位★攻めの飲食店経営術 強い経営体質を生む デリバリープロジェクトマニュアル(DPM)

★第2位★儲かるラーメン屋の作り方!ラーメン屋開業マニュアル

★第3位★たった1枚のアンケートで繁盛飲食店?!ラーメン『津気屋』の繁盛飲食店集客プロジェクト

★ジュガール★多くのインド人ビジネスマンはなぜアメリカで成功できるのか?サチン・チョードリーがその秘密を日本に伝える印僑大富豪の教え“ジュガール”

★美容院・サロン経営★集客で悩む小さなサロンオーナーのための「進化塾」

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第4位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加