カフェ開業資金には1,000万円必要

カフェ開業,開店資金

カフェを開くには、もちろん開業資金が必要だ。

 

カフェの開業資金として必要だとされているのは、1,000万円から1,500万円くらい。

 

一坪当たり100万円弱くらいが目安と言うことらしい。

 

なので十坪の店舗だと1,000万円ってことだね。

 

カフェの開業資金の内訳は、

  • 物件の保証金(300万円〜500万円)
  • 内装や水道工事・電気工事(200万〜300万)
  • 什器や食器代・キッチンの機材(100万円)
  • 半年分の営業資金(300万円)
ということになる。

 

だから500万円くらい貯めてからカフェスクールに通って、カフェビジネスを学んでいる人が多いようだ。

 

もちろん店舗の規模や内装費の大小、従業員を何人雇うかなどで、かなりこの金額は変わってくる。

 

カフェというのは雰囲気勝負のような所があるので、内装で手を抜くと後で困りかねない。

 

が必要以上にお金を掛けてしまうと資金繰りが苦しくなる。

 

この辺のバランスが難しいようだね。

 



カフェの開業資金は安いか高いか

カフェの開業資金は約1,000万円。

 

これって他の飲食店と比べると、微妙に高くもあり微妙に安くもある。

 

というのもラーメン屋だともう少し安く開店できるし、逆にレストランだともっと費用がかかる。

 

何が違うのかというと、内装などの雰囲気作りのための費用と、料理を作るための厨房の装置などの費用の違いと言うことになる。

 

ラーメン屋さんだと作るメニューが限られているし、内装に関してもあまり凝った作りが必要にならない。

 

だから開業資金のウチ、内装費や厨房内に必要な装置にかかる費用は安くあがってしまう。

 

一方レストランになると、作る料理のバリエーションが非常に多く、また内装も凝ったりする必要があるから、その点かなりコストがかかってしまうと言うことになる。

 

レストランの場合は広い物件を借りる必要があるので、それだけでもかなり高額な資金が必要になる。

 

ウエイターなどの店員を雇ったりサブのコックを雇ったり、パティシエを雇ったりと本当に様々な費用がかかってしまう。

 

レストランに比べるとカフェはあらかじめメニューを絞っておけば、あとは内装と外装に気を配るだけでよいから、開業資金は低めって事になる。

 

すでにカフェを経営して儲かるカフェのイメージができている場合は、初期投資をドンとつぎ込めばいいわけだが、そうでなく始めてカフェを開く場合には、いきなり多額のお金を投資しない方が良いね。

 

個人でカフェを経営するなら儲けるよりも長く続けられることを目標にすべきだろう

 

借金で首が回らなくなって、顔が引きつっているような経営者のカフェには、おそらく誰も寄りつかないだろうしね。

広告

飲食店経営 教材人気ランキング

★第1位★儲かるラーメン屋の作り方!ラーメン屋開業マニュアル

★第2位★たった1枚のアンケートで繁盛飲食店?!ラーメン『津気屋』の繁盛飲食店集客プロジェクト

★ジュガール★多くのインド人ビジネスマンはなぜアメリカで成功できるのか?サチン・チョードリーがその秘密を日本に伝える印僑大富豪の教え“ジュガール”

★美容院・サロン経営★集客で悩む小さなサロンオーナーのための「進化塾」

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第4位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン


このエントリーをはてなブックマークに追加