キラーメニューは作れない

キラーメニューは作れない

カフェを開きたい、老後はカフェを開いて楽しくクラしたい。脱サラしてカフェを開きたい。

キラーメニューなんて作れるものではない

カフェ経営,キラーメニュー

カフェの経営を成功させるには、キラーメニューが必要だと書いてある本も、けっこう多い。

 

キラーメニューというのは簡単に言うと、そのお店にしかないメニューで、そのメニュー目当てにお客さんが来ると言うもの。

 

だけど何度も書くがそんなもん簡単に作れたら、誰も苦労しない。

 

他の店にはないオリジナルのメニュー? そんなもの、話題になればすぐに真似されるに決まってる

 

儲かっているお店や会社というのは流行に敏感だ。

 

そして新しいことに挑戦することに躊躇がない。

 

だからどこかで何かが人気があるということになると、それに似たメニューを開発して、一二ヶ月のウチにメニューに加えてしまう。

 

だからカフェのメニューで競合他店を出し抜くなんて、できない

 

すぐに真似できるようなモノはお店の差別化には役立たない。

 

これは他の業種では当たり前の事実である。

 

じゃあどうやって自分のカフェを差別化するか。

 

差別化のポイントは「一つしか選べないもので違う道を行く」ということだ。

 



一つしか選べないものって何?

カフェの差別化をメニューでやろうとするとリスクが高い。

 

理由は売り上げが安定しない可能性が高いからだ。

 

たとえば差別化しようとしてエスニックなメニューや激辛メニューばかりそろえても、それを目当てに来るお客さんはマイナーなお客さんだろうからあまり儲からない。

 

一時期はブームになってもブームはそのうちに下火になるし、ブームに乗るお客さんの心というのは移り気だから、他で新しいブームが起れば我先にそっちへ行ってしまう。

 

経営で大事なのは固定客やリピーターをつかむことであるから、こういう移り気なお客さんを当てにすると経営が不安定化する。

 

なので変わったメニューを作ってみるのはイイが、あくまでもそれは期間限定・季節限定のメニューとして提供した方が良い。

 

人気があればそのまま定番メニューに加えればいいし、ダメだったらやめればいい。

 

エスニックや激辛メニューを置いてもいいが、それを中心にするのは良くない。

 

大多数のお客さんというのは保守的なので、そう言うモノしかないお店は日常的に使うお店ではなくなってしまうからね。

 

だからそう言うもので差別化するのではなく、一つしか選べないもので差別化する必要がある。

 

たとえば内装とか色とか音楽とか。

 

NEXT:安さでは絶対かなわない

スポンサードリンク

飲食店経営 教材人気ランキング

★第1位★ドン底だった飲食店が一躍繁盛店へと大逆転!わずか60日でお客さんを2倍にする、誰にでもカンタンにできる集客方法!

★第2位★攻めの飲食店経営術 強い経営体質を生む デリバリープロジェクトマニュアル(DPM)

★第3位★儲かるラーメン屋の作り方!ラーメン屋開業マニュアル

★第4位★たった1枚のアンケートで繁盛飲食店?!ラーメン『津気屋』の繁盛飲食店集客プロジェクト

★飲食店用エクセル帳票★効果てきめん!飲食店を繁盛させる帳票はこれ!飲食マネジメント帳票

★ジュガール★多くのインド人ビジネスマンはなぜアメリカで成功できるのか?サチン・チョードリーがその秘密を日本に伝える印僑大富豪の教え“ジュガール”

★美容院・サロン経営★集客で悩む小さなサロンオーナーのための「進化塾」

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★情報企業で稼げ!和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

★第4位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第5位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加