奇抜なメニューはいらない

奇抜なメニューはいらない

カフェを開きたい、老後はカフェを開いて楽しくクラしたい。脱サラしてカフェを開きたい。

奇抜なメニューは本当に必要か?

看板メニュー,キラーメニュー

カフェ開業のためのメニュー作り。

 

カフェを開くための場所は、カフェがすでに存在している土地でないといけない。

 

なぜならカフェがない場所には、カフェを利用するお客さんがいないかも知れないから。

 

魚のいない水たまりで釣りをする人はいないだろう。

 

それと同じでお客さんのいない場所に店を開いても、お客さんなど来ないのだ。

 

だからこれからはカフェがすでに存在していて、けっこう流行っている場所に自分も店を開くという前提で、これから開業する自分のカフェのイメージを考えていくべきだ。

 

この場所に自分がカフェを開くとしたらどんなカフェが良いだろう。

 

そう思ってカフェ巡りをするとだんだんイメージが固まっていく。

 

ただしここで大きな考え違いをすると、大失敗してしまうことになる。

 

その大きな考え違いというのは「お客さんを集めるには奇抜なオリジナルメニューが必要だ!」という考えだ

 

すでにカフェが存在している土地に新しく参入するわけだから、目玉になるオリジナルメニューがないといけないと思うのだろう。

 

大手の飲食チェーン店には看板メニューというのがあって、それがそのチェーン店の集客力を大きく左右している。

 

ヒット商品がでればお客が集まり収益もあがる。

 

なので自分もそういう看板メニューを開発しなければと思ってしまうのだ。

 

ところがそんな看板メニューって本当に必要なんだろうか?



カフェの集客力は、看板メニューではない

新規にカフェを開くには看板メニューが必要だ。

 

そう思ってメニュー作りに躍起になっているカフェ・オーナーもたくさんいるだろう。

 

しかし流行っていないカフェは、そもそも基礎力が不足しているのだ。

 

基礎力が不足していてダメなところが多いから、お客さんがリピーターにならないのだ。

 

その基礎力不足がいったい何なのかは、お店によってそれぞれ異なるだろうが、周辺のカフェが流行っていて自分のカフェに閑古鳥が鳴いているならば、実力不足だと言うしかない。

 

それは果たしてメニューのせいなのか?それをまず考えるべきだろう。

 

人の味覚というのは意外と鈍感なものであって、料理人の鋭い味覚とはまた違ったものなのである。

 

そしてまたカフェのお客さんは別に味の良いカフェを求めているわけではないのである。

 

周辺のカフェよりケーキが美味しいとかコーヒーが美味しいなど、自分の店が優れているところを探していても、お客さんが増えるわけではない。

 

劣っているところがあるからこそ負けているわけであるから、そこを改善するのが先決だ。

 

奇抜なオリジナルメニューを考えている暇があったら、既存のどこのカフェでも置いているメニューで差別化を図ることを考えるべきで、総合点アップをまず目指すべきなのだ。

 

NEXT:カフェの最強メニューとは

スポンサードリンク

飲食店経営 教材人気ランキング

★第1位★ドン底だった飲食店が一躍繁盛店へと大逆転!わずか60日でお客さんを2倍にする、誰にでもカンタンにできる集客方法!

★第2位★攻めの飲食店経営術 強い経営体質を生む デリバリープロジェクトマニュアル(DPM)

★第3位★儲かるラーメン屋の作り方!ラーメン屋開業マニュアル

★第4位★たった1枚のアンケートで繁盛飲食店?!ラーメン『津気屋』の繁盛飲食店集客プロジェクト

★飲食店用エクセル帳票★効果てきめん!飲食店を繁盛させる帳票はこれ!飲食マネジメント帳票

★ジュガール★多くのインド人ビジネスマンはなぜアメリカで成功できるのか?サチン・チョードリーがその秘密を日本に伝える印僑大富豪の教え“ジュガール”

★美容院・サロン経営★集客で悩む小さなサロンオーナーのための「進化塾」

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★情報企業で稼げ!和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

★第4位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第5位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加